西コース|West Course

設計家ビル・クーア氏とベン・クレショー氏による改修で近代化された西コース。元々のコースの面影は残しつつ、自然回帰型クラシックデザインを採用。ただ難しくするのではなく、様々なレベルのゴルファーが楽しめるという今のゴルフシーンにマッチしたコース造りになっています。

また新設された19番ホールでは、仲間との勝負の決着をつけるため、またはもう1ホールだけ回りたいとき。あるいはクラブハウスへの帰り道に何かをしたい気分になったときなど、どんな理由でも楽しめる1ホールになっています。

改修設計者 ビル・クーア、ベン・クレンショーによる解説

西コース設計理念

我々クーア&クレンショーはゴルフの伝統の確立に長く貢献してきた古典的なゴルフ場に対して敬意を表しており、日本のゴルフの歴史に多大なる影響を与えてきた横浜カントリークラブの西コースはその一つである。

設計者の故相山さんと関係者たちは、横浜の自然な谷や山の尾根、草木を活かしとても特別で素晴らしく個性的な長年にわたって賞賛されるゴルフコースをデザインし造り出した。

私たちの務めは、故相山さんが造り上げた土台と元の特徴を維持しながら、近代のゴルフゲームにマッチするようなコースに改良し、世界の最も有能なプレイヤーたちにとっても面白くて挑戦しがいのあるものし、そして何より横浜カントリークラブのメンバーの方たちに今までと同様に、またはそれ以上に楽しめることを提供することである。

私たちは改修された西コースの仕上がりに誇りを持っており、その歴史の一部になれたこと、また相山一族の日本のゴルフに対するビジョンの一部となれたことを大変光栄に思っている。

▲ page top ▲

ヤーデージ

No. BLACK GREEN BLUE WHITE YELLOW HDCP PAR
1 447 414 414 372 354 9 4
2 168 156 156 131 99 13 3
3 294 294 275 218 197 7 4
4 514 464 432 398 369 3 4
5 523 506 506 460 439 5 5
6 337 337 315 266 241 17 4
7 504 473 473 439 362 1 4
8 387 387 367 317 283 15 4
9 237 221 187 149 127 11 3
OUT 3,411 3,252 3,125 2,750 2,471 35
No. BLACK GREEN BLUE WHTIE YELLOW HDCP PAR
10 516 478 450 435 418 4 4
11 418 418 391 343 331 10 4
12 185 161 149 133 122 18 3
13 536 536 492 460 431 2 5
14 416 385 369 341 300 8 4
15 529 511 474 466 451 14 5
16 182 169 150 135 125 16 3
17 330 317 317 290 272 6 4
18 415 394 394 354 306 12 4
IN 3,527 3,369 3,186 2,957 2,756 36
TOTAL 6,938 6,621 6,311 5,707 5,227 71
19 170 3

▲ page top ▲

残りヤーデージの確認方法について

フェアウェイに埋設しているスプリンクラーヘッドに、グリーンのフロントエッジ及びセンターまでの残ヤーデージを表示しています。
(※東コースと同様になります)

▲ page top ▲

ピンポジションについて

  • (1) グリーンを3分割しゾーン番号を設けています。
  • (2) 毎日特定のゾーン番号を決めてピンポジションを決定して行きます。

▲ page top ▲

ドライビングコンテスト・ニアピン推奨ホールについて

ドライビングコンテストNo.1No.15
ニアピンNo.9No.12

▲ page top ▲